スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいパティーン

最近、カラオケで歌う男性アーティストが

ゆず、19、スピッツ、BUMP OF CHICKENに限られてましたが、

もっと盛り上がりを拡大するためにポルノグラフィティという

選択肢を現在習得している所存です。

母親がもともと好きなので代表的な曲は耳で覚えているようです。

追記でうんこちん設計局の飛行機のお話でも…





時代で追っていく方が良いので今日ご紹介するのは

設計番号F-M001 42式対潜哨戒機 P-42シリーズです。

第2次大戦中に開発され日本へ向かうときに運古珎領内を領海侵犯する

アメリカの対潜水艦用として開発されました。

低翼配置の双発機で機首は東海陸上哨戒機よりも

B-29に近い全面ガラス張りの印象で胴体は真円形で与圧されています。

P-42B P-42C P-42Dと発展型が続々開発され、

最新モデルのP-42Eでは戦闘機のようなセパレート式風防になっていて、

コックピットもLCDパネルを多用したグラスコックピットです。

離着陸性能が相当高く(これはうんこちん機全般に言える)

どのタイプも仮に満載状態でも滑走距離1000m使わずに運用できます。

その為、派生型として輸送機タイプや地域旅客機タイプも開発されています。


スペック

P-42A
全長 23.57m(MADセンサー含む)
全幅 28.83m
全高 6.12m
エンジン AS-P40-AE6 (3,700shp×2)
巡航速度 510km/h
最高速度 583km/h
哨戒時間 600km洋上進出で5時間
最大離陸重量 41,050kg
標準離陸滑走距離 770m
標準着陸滑走距離 380m
実用上昇限度 10,100m
操縦乗員 2名
電子機器操作要員 5名
初飛行年月日 1941年12月25日
部隊配備 1942年2月20日

P-42E
全長 24.76m(MADセンサー含む)
全幅 30.44m
全高 6.97m
エンジン AS-TP700-D2 (5,700shp×2)
巡航速度 650km/h
最高速度 760km/h
哨戒時間 950km洋上進出で5時間
最大離陸重量 53,330kg
標準離陸滑走距離 810m
標準着陸滑走距離 450m
実用上昇限度 11,800m
操縦乗員 2名
電子機器操作要員 6名
初飛行年月日 1992年6月16日
部隊配備 1992年11月01日




この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Tegno Ackt

Author:Tegno Ackt
誕生日:夏が終わる日
血液型:例の大雑把なやつ
職業:写真を撮る人
趣味:音楽、乗り物
特技:高音、節約
特徴:ほぼ無限胃袋
活動期間:2009年-

連絡先
Twitter:@Tegno_2358
SkypeID:tegno.2358

リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。