スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ選手がお好きな愉快な人たちのおかしな批判

ここ数日間、ずーっとフィギュアスケートに関する記事を書いていて、ふと疑問に思った事なのですが...

前に取り上げた批判記事を書いた筆者が別のブログ記事で、2013年世界ジュニア選手権での宮原知子選手の回転不足について、宮原選手のコーチである田村岳斗さんが自身のブログ内で不満を漏らした件について、批判的な記事を書いていましたが、このブログの管理人様もそのようですが、キム・ヨナ選手のファンって以前僕がブログに書いた、安藤美姫選手のジャンプに対しキム選手のコーチであるブライアン・オーサー氏が抗議した時には、何も批判しなかったどころか、それに同調するような言動を取っていた方々が多数いらっしゃったような気がします。

キム選手の「日本人選手による練習妨害発言」のときには、オーサー氏も「キム選手のジャンプの助走コースを邪魔するように日本人選手が徘徊している」という批判的な発言をしていましたが、その際にもキム選手陣営を擁護していませんでしたか?

それとも僕の気のせいですか?

身内が他の陣営にする批判には甘く賛同し、自分たちも同じように批判し、他の陣営が身内やジャッジを批判した時には厳しく、時には当事者のブログやホームページまでをも炎上させるのですね。

あまりにも虫が良すぎはしませんか?

安藤美姫選手の件については、僕の一番のお気に入りのスケーターが批判の矢面にさらされた事で、その批判と抗議活動のやり口には個人的に怒りと悲しみを覚えましたが、更にいえば練習妨害発言に関しては、日本のフィギュアスケート界全体を揺るがす大騒動で、結果的にキム選手の勘違い&他の選手の邪魔になっていたのは、時計回りジャンパーでもないのに逆方向にリンクを周回するキム選手の方だったということを考えてみれば、キム選手の罪は相当深いものであったと、今でも思います。

それでも、キム選手に関係するすべての者には甘く、ライバル(この表現もあまり使いたくない、他の真面目に頑張る選手たちに失礼な気がする)に関係する者はすべて批判と笑い者の対象にし、徹底的に潰してしまおうと考えるのですか?

田村岳斗氏の主張によって改めて露呈した採点システムの欠陥と採点恭順者達の矛盾

上記のブログ記事にこの矛盾が列挙されていますが、恐らくキム選手のファンには届くわけがないですね。よくわかります。

キム選手が公の場でどれだけ失礼な行為をしても、この方々には「痘痕も笑窪」なのでしょうから。

最後にこの間の批判記事について、城田憲子氏の対応のまずさについて僕が思う事を書いて終わります。

確かに、城田氏は以前からテレビの解説などにおいても、日本人選手に対して厳しいコメントが数多くありました。

それは、自分が元々強化部長として世界に送り出した選手にはより技術を磨きレベルアップしてほしいと思っての愛のある行為なのかもしれません。

しかし、この間の記事で僕がキム選手のアラを挙げられるだけ挙げたように、なにもキム選手と比較して特に日本人選手が劣っているわけではありません。

日本には世界で通用する技術と演技ができるスケーターがたくさんいます。

正直、世界選手権やオリンピックには3枠では足りないほど、出場してほしい選手がいます。

それにもかかわらず、あの新聞記事を見る限り、あたかも日本人選手がこのままではオリンピックで通用しないとも取られかねないほど浅田選手を攻撃した記事を日本スケート連盟の関係者が書く必要がどこにありますか?

上手くフォローしながら言葉選びに気を付けて、そして浅田選手に伸ばしてほしい要素を書く。

これが本来あるべき姿ではありませんか?

あれでは韓国の関係者がキム選手を褒め称えるために書いた記事にも見えなくはありません。

たとえ正論でも、口が悪いとただの暴言になってしまいますよ。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Tegno Ackt

Author:Tegno Ackt
誕生日:夏が終わる日
血液型:例の大雑把なやつ
職業:写真を撮る人
趣味:音楽、乗り物
特技:高音、節約
特徴:ほぼ無限胃袋
活動期間:2009年-

連絡先
Twitter:@Tegno_2358
SkypeID:tegno.2358

リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。