スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒマなんで採点してみた-フリースケーティング編-総括と感想

やはり銀河点女王は裸の女王でしたね(笑)

キム選手の採点が終わったとき、「これは1位と3位が入れ替わりそうだ」と思いましたが、こうして採点しなおした結果、まさか1位のキム選手がフリー、総合ともに7位とは...(笑)

結局それだけの実力しかないわけですよ。

本来の適正な表彰台順位は
1位 浅田真央選手 (SP1位⇒FS1位)
2位 村上佳菜子選手 (SP2位⇒FS5位)
3位 カロリーナ・コストナー選手 (SP3位⇒FS6位)

となるでしょうね。

実際1位だったキム選手はSP6位⇒FS7位⇒総合7位ですね。

仮に全選手を採点しなおせば、点数と順位は更に動くかもしれませんね。

それだけジャッジが恣意的に点数を操作しているということが、この結果の変わり様からして明らかでしょう。

バンクーバーオリンピックのフィギュアスケート競技があまりの無様さからフィギュアファンからは「茶番クーバー」等と揶揄されていますが、ソチオリンピックを生かすも殺すも、すべては演技に対しどのような採点をするのか、ということに懸かっているのではないでしょうか?

現状のジャッジのやり方をソチオリンピックでするとすれば、間違いなくフィギュアスケートは死ぬでしょうね。

ちなみに2013年世界選手権の結果は下記のサイトで詳しく見られますので、ご活用ください。
2013年世界フィギュアスケート選手権公式リザルト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Tegno Ackt

Author:Tegno Ackt
誕生日:夏が終わる日
血液型:例の大雑把なやつ
職業:写真を撮る人
趣味:音楽、乗り物
特技:高音、節約
特徴:ほぼ無限胃袋
活動期間:2009年-

連絡先
Twitter:@Tegno_2358
SkypeID:tegno.2358

リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。