スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界フィギュア特集

2年前のこの日、

2人の女子スケーターが奇跡を起こしました。

安藤美姫と浅田真央。

東京で開かれた2007年世界フィギュアスケート選手権。

ショートプログラムで2人は全く違うスタートを切りました。


安藤美姫は事実上彼女しかできない、

非常に難易度の高い連続3回転コンビネーションジャンプを決め、

ステップでは手拍子と歓声が起きる会心の演技で2位。


浅田真央は最初のジャンプこそ綺麗に決まったものの、

次のコンビネーションジャンプの1つが1回転になってしまうミスを犯し

後々の演技にも少しずつ影響する、シーズン最悪の出来で5位。


しかし翌日のフリースケーティングでとんでもない事が起きました。

SP:67.15で3位。FS19番滑走イタリアのカロリーナ・コストナー。

彼女の最大の武器、序盤のドリルのような連続3回転ジャンプ。

ヨーロッパ選手権では、3つ目に2回転も付けて3連続に(恐)。

ところがこの日は1つ目で転倒。その後の演技にも引きずり

168.92でここまで2位に沈んだ。


SP:71.95で1位。FS21番滑走、韓国のキム・ヨナ。

彼女の場合、最初は良かったのだが後半、

大きく崩れる。

3連続ジャンプの予定だった1つ目で転倒。

次も同じ種類のジャンプで転倒。

その後はルール無視のどさくさ演技で終了。

186.14でここまで1位(どうして?)


続く22番滑走、出てきたのは浅田真央。

SP:61.32で5位の彼女。ほんの数分前、ライバルが作った空気を

自分のものにするかのように颯爽と登場。

ハンガリーの民族舞曲チャルダッシュと共にまず最初のエレメンツ。

Footwork into Triple Axel(言いたかっただけ)決まった!

途中細かいミスもあったけど、

会場総立ち!

総合得点、194.45。現在の順位は第1位です!

やった。世界最高得点!フリー得点133.13


24番最終滑走、安藤美姫がカッコよく参上!(何とTバック!)

SP:67.98で2位、彼女によくあるパターン。

昨日に続いて最初は難しい連続3回転、3ルッツ+3ループ。

2日連続成功、4回転は3回転に抑え余裕。

最後のレイバックスピンは残念、ビールマン回避。

しかし、まるで楽しむかのような滑りだった。

195.09!最終順位は第1位です。

勝った。トリノで惨敗だった彼女が金メダル。


日本初の世選1位2位。

今年はオリンピックイヤー、3枠獲得がかかる。

あの後から適用された、日本人に不利なルールを乗り越えて

頑張ってほしい。






この記事へのコメント

1 ■無題 - な - 2009年03月25日 02:01:12

フィギュアスケートも詳しいんですね
私もルールや技はわからないけど
よく家族とテレビでみます
今年も日本の選手の活躍が楽しみですね

トラックバック

URL :

プロフィール

Tegno Ackt

Author:Tegno Ackt
誕生日:夏が終わる日
血液型:例の大雑把なやつ
職業:写真を撮る人
趣味:音楽、乗り物
特技:高音、節約
特徴:ほぼ無限胃袋
活動期間:2009年-

連絡先
Twitter:@Tegno_2358
SkypeID:tegno.2358

リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。